すえっこちょうなん

3歳 保活の終焉とならし保育のはじまり

とうとう保育園(という名の週5通園)が決まったすえっこ。
ほぼすえっこが生まれてからの3年間、保育園の申し込み時期になる度に、入園申込書と一緒に出してたほぼクレームメールが功を成したのか。
定期的に通える重症心身障児を受け入れてくれるデイサービス自体少ない中、週5預かってくれる施設ができて、それに通えるようになったのはありがたく。(そこにいたるまでクレーム以外の役所との丁々発止があったとは言え)

で、2月からならし保育という名の通園が始まり。
姉ズ2人がずっと認可外に通い、お手軽にお願いできてた今までなハハ、ならし保育自体初めて。本人は今まであらゆる人に預かってもらってるので、大丈夫ですよー、泣きませんよー、とは言えならしが必要なのは大人も。ケアとか、注入とか、ひとつひとつならす必要があるわけで。つまり今月は、休めない用事のない日以外、午前休や休みを取ってやりくりのハハ...もちろん通院やリハビリ通いもあるわけで、つまり1日も用事のない休みがない今月...

つらい...

とは言え、これが終われば、ハハ母にお願いしてた負担も減り、楽になるはず!
と言い聞かせ、平日休みの代わりに土日出勤する今週。

思えば、育休終わって(その後3ヶ月ほど無職のチチがいたけど)、仕事の日は前日からハハ母に泊まり込んで来てもらいすえっこをみてもらい、ハハが仕事の週末はチチ実家へ。(チチ1人で3人は大変なので)
姉ズの通う保育園にお願いして、週1午前だけ預かってもらえるようになり、1年ちょっと後の昨年8月には自転車圏にできたデイサービスで週2午後みてもらえるようになり、いろんな人に預けまくってきた約2年。

保育見学する中、先生と遊んでもらって、手を動かしたり、キョロキョロしたりする様子を見ると、わずかな成長のしるしを自分で見ていたいと思ったりしたり。
とは言え、それは姉ズも一緒。これからも人にお世話にならないといられない人だけに、むしろいろいろな人に接して、たっぷりお世話になって、外部の目でみていてもらう方がすえっこには大事だと思い。

この2月にはお世話になったデイサービス、姉ズの保育園とも離れることになり。
保育園1本に。
さらにすえっこの入園のため姉2号も卒園まであと1年を前に近所の保育園に転園することに。ハハとしては姉1号から7年間お世話になり、すえっこを週1午前だけだけど、受け入れてくれた先生と別れることになり、かなりの大ショック。

本当にいろんな人にお世話になって、ここまでいられたのだなあと感謝感謝。
仕事行きたくなーいとか愚痴言えませーん。
そんな悲喜こもごもの中のならし保育。健康に無事に通えますように。それがなによりの願い^^;



チチが用事で不在の日曜、ハハ弟呼んでピクニック。きょうだいで木にしがみつく。すえっこ初木のぼり?


にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 希少疾患児育児へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

3歳 保活の終焉とならし保育のはじまり

保育園良かったね

ちー姉 | URL | 2017-02-15 (Wed) 10:34 [編集 ]


Re: 3歳 保活の終焉とならし保育のはじまり

>ちー姉さん
ありがとうございます〜。
なんとか通えてます^^;

nyanyachungu | URL | 2017-02-17 (Fri) 11:40 [編集 ]


 

トラックバック