すえっこちょうなん

12カ月 初ぶらんこ

先日、すえっこについてセカンドオピニオンを受け、その日のテレビで出生前診断について思い起こし、なんだか文章にできないでいる間に、脳室拡大の診断を受けたという方からコメントをいただいた今日。
脳室拡大という言葉に胸がざわざわした自分に、1年経ち、脳室拡大なんて初期となった今でも、あの時の感情は癒えてないのだと知りました。
その話とは別に写真は、先日の療育センターでのPT時、順番待ちの時にすえっこぶらんこの図。
人生初ぶらんこ。





待合室にあったぶらんこに気づいたらすえっこを乗せてたチチ。こういう時周囲が気になって、できないハハと違って、思いつくまま行動できるのがすえっこ(長男ではない)チチ。
通りがかった看護師さんに首の支え方うを指導され、思いがけずレッスンに。
嫌な顔をさせない姿勢をキープしてゆらすと、その内楽しい顔になるでしょ!と看護師さん。
確かにそうかも、と嬉しい気分でPTに向かった両親でした



にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 希少疾患児育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

12ヶ月 幸せのバケツのふちが下がる

母になる前、タンザニアという国にちょっと住んでたハハ。同じように住んでボランティアしてた女性が、「ここに住んで幸せのバケツのふちがさがった」と言っていて。
それは、日本では当然あるものが、簡単に手に入らない環境での暮らしで、ささやかなことにも幸せを感じられる、幸せの入れ物の縁がさがったという意味。
当然あるものとは、日本食とかではなく、電気とか水とかなのだけど。
バックパック旅行やキャンプに慣れてたハハはそこまで縁のさがりを感じず(もともと低かった?)、むしろないことが当たり前の人に失礼なのでは?などとシニカルに思ったり。
ところが、すえっこの治療、リハビリに付き合っていると、その時その時、ふとこの言葉が思い出されることがあり。

で、最近思い出したできごとは、すえっこの哺乳量up! この2、3日口で飲む量が増え、ひと咥えで飲めるのが、最高20mlだったのが、最低20mlになり、1度に50mlほど飲めるように。30分から1時間ほどかけると、150mlくらい飲み、さらにはむせも吐き戻しもなし!
すごい!すえっこ!頑張れば1日のノルマが口で飲める!

ケトンがさがったから?と拍手するも、ふと姉ズのことを思い出せば、1歳前くらいだと、200mlぐらいを咥えさせ、2、3分で飲み干してビビった記憶が。

幸せ?感動?の縁のさがりを実感した瞬間...

とはいえ、成長すれば嬉しいという点ではふちなんてないんだよね、とも思うシニカルなハハだったり。

なにがほんとうの幸いかはわからない(from 銀河鉄道の夜)、というのも、また真実だよねとも思うのです。





にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 希少疾患児育児へ
にほんブログ村

12ヶ月 1日1くすぐり

最近、調子が良いとくすぐりに反応するすえっこ。
大笑いはないまでも、声を出したり、足を上げたりするので、腹筋鍛える足しにでもなればと、1日1回くすぐってるハハ。
ところが日によって、感じるポイントが違うらしく。昨日はへそ周り、今日は腋の下。
くすぐりポイントを探しながら、くすぐってたら、背中まで移動したり。
もしかして、背中かゆい?

保育園、ダメでした通知来て、復職近づくにつれ、イライラ、もやもやが募るハハ。
1日1くすぐりでストレス解消!できるほど笑ってくれるといいのだけれど。

写真は姉ズの保育園でのハロウィン仮装ついでにすえっこもちょっと仮装。
初めてのハロウィンで、ハハが祖母に手伝ってもらった猫耳。
すえっこ、いじられてもぐっすり。








にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 希少疾患児育児へ
にほんブログ村

11ヶ月 姉ごころ 親ごころ

今日、食事をしてたら突然
「いいなー、⚪︎⚪︎くんは、赤ちゃんが1回しか病院行かなくて」と言い出したよ姉1号。
最近生まれた、仲良しの保育園の男友達の妹のことを言ってるらしく。
「そうだねー、すえっこはずっと病院だもんねー」
と答えながら、何と言ったものかと、チチと顔を合わせ。
「すえっこの病気は、治らなくてね、ずっとこのままなんだよ」と言うチチ。治らないことはわかっているのか、このセリフには、さほど反応しなかった1号。ていうか、"このまま"って4歳児には漠然としすぎでは?と心中突っ込むハハ。

とは言え、1号はすえっこの様子がなんか違うと言うのを周りの赤ちゃんが生まれた友達を見て、感じ始めたのかと、ちょっと焦るチチハハ。
イヤ、2号を経験してるんだけどね、1号よ。
すえっこのことをごまかしているつもりはないけれど、4歳、2歳にわかるような説明も思いつかず。伝えてるのはなかなか治らない病気で、ミルクと薬飲むために、鼻チューブをしてるってぐらい?歩けないかも、喋れないかも、お下がりの自転車は乗れないかも、なんて可能性ではわかっていても、口には出したくなく。
きちんと伝えるにしてもなんて言ったものかと思ってたら、食後、全く関係なく、「お母さんごはん全部食べたから、一緒にねんねしてよね!」と1号。

そうだね。すえっこが病気って事実より、そのせいでチチハハがすえっこにつきっきりでさみしいんだよね。
理不尽だけど、口調ハハそっくりだけど。


我が家は11月の誕生日が3人もいて、そのあとクリスマス、お正月、2号誕生日とイベント続き。
親も姉ズもすえっこも一つずつ大きくなって、わかることわからないこと、できることできないことが増えていくんだろうなあと思う、すえっこ12ヶ月目を迎える夜。



にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 希少疾患児育児へ
にほんブログ村

11ヶ月 おもちゃ完成




思いのほかかわいくて満足。
これで、じゃらんじゃらんして遊ぶといいなあ。
今日の訪問リハで使ってくれるかなあと妄想中のハハ。
残ったビーズは姉ズが散らかして、一騒動。


にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 希少疾患児育児へ
にほんブログ村