すえっこちょうなん

6ヶ月 療育センター初診

退院時に先生に紹介され、予約してた療育センターへ行ってきた。
リハビリ前の診察とのこと。
微妙な遠さなので、自転車か、バスか。バギーか抱っこ紐かと悩んだけど、自分の楽を選んで、抱っこ紐&駅まで自転車。
最寄り駅から徒歩十分って、バスが通るとは言え、リハビリ必要な人には不便なのではと思いつつ、駅からぽてぽて歩いて到着。
都立病院の一角にある静かな施設でしたよ。

今の薬でいいのかとか、他の病院も検討すべき?とか聞けないかと思ったけど、初診でそこまで聞く余裕はなく。
紹介状にあった今までの経過をはなしてすえっこを見てもらうだけで、1時間もすぐにすぎ。その間に発作も2回ほどあり。
おかげで発作の様子もよく見てもらえて、なんとなくホッ。いい話はなくても、病気の話を話せる機会はありがたいのかも。
園長先生も通りがかりにのぞいて、おしゃぶりしてごらーんと手を口に持ってたりしてくれ、なんかなごみました。

診察の後は、見学と説明。とりあえず、摂食の予約を。

ちなみに使っていた抱っこ紐はbecoバタフライ。上2人で使ってたベビービョルンは使うと、号泣するので、使えず。
おんぶ用に買ったbecoバタフライは体がグラグラするので、背骨に悪いんじゃと思ったので、先生に聞いてみたら、こちらの方が足がカエル型になるので、良いでしょうとのこと。ビョルンだと足が突っ張っちゃうので、ストレッチ的にも良くないかもと。
「何より腰が楽よね!」って、そう全くその通り。腰で支える紐があるだけでこんなに楽なのねー。エルゴ型抱っこ紐が人気の理由がわかりました。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック