すえっこちょうなん

11ヶ月 姉ごころ 親ごころ

今日、食事をしてたら突然
「いいなー、⚪︎⚪︎くんは、赤ちゃんが1回しか病院行かなくて」と言い出したよ姉1号。
最近生まれた、仲良しの保育園の男友達の妹のことを言ってるらしく。
「そうだねー、すえっこはずっと病院だもんねー」
と答えながら、何と言ったものかと、チチと顔を合わせ。
「すえっこの病気は、治らなくてね、ずっとこのままなんだよ」と言うチチ。治らないことはわかっているのか、このセリフには、さほど反応しなかった1号。ていうか、"このまま"って4歳児には漠然としすぎでは?と心中突っ込むハハ。

とは言え、1号はすえっこの様子がなんか違うと言うのを周りの赤ちゃんが生まれた友達を見て、感じ始めたのかと、ちょっと焦るチチハハ。
イヤ、2号を経験してるんだけどね、1号よ。
すえっこのことをごまかしているつもりはないけれど、4歳、2歳にわかるような説明も思いつかず。伝えてるのはなかなか治らない病気で、ミルクと薬飲むために、鼻チューブをしてるってぐらい?歩けないかも、喋れないかも、お下がりの自転車は乗れないかも、なんて可能性ではわかっていても、口には出したくなく。
きちんと伝えるにしてもなんて言ったものかと思ってたら、食後、全く関係なく、「お母さんごはん全部食べたから、一緒にねんねしてよね!」と1号。

そうだね。すえっこが病気って事実より、そのせいでチチハハがすえっこにつきっきりでさみしいんだよね。
理不尽だけど、口調ハハそっくりだけど。


我が家は11月の誕生日が3人もいて、そのあとクリスマス、お正月、2号誕生日とイベント続き。
親も姉ズもすえっこも一つずつ大きくなって、わかることわからないこと、できることできないことが増えていくんだろうなあと思う、すえっこ12ヶ月目を迎える夜。



にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 希少疾患児育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック