すえっこちょうなん

37週 祖父母への報告

転院が決まった時から、いつ自分たちの両親に現状を伝えるか、決めかねてたチチハハ。
少しでもどんなこどもが生まれるのかわかってからがよいと、MRI結果を待つも、ハッキリせず。専門医に話を聞くも、ハッキリせず。

姉ズ2人が38週目で生まれたことから、3人目もそのくらいに生まれるに違いないと思い込んでいたハハ。
そして、出産時には病院に駆けつける気満々のハハ両親。
しかも姉ズが産まれた産院でって伝えちゃってるので、産気づいた!病院違う!というわけにもいかず。
転院の話をすれば、理由が必要になる。となれば、できる限り正確な状況を伝えて、余計な心配をさせないように且つ、心の準備もさせなければと思うハハ。
(MRI結果待ちの頃に、チチ父に病院ってどこだっけ?と言われ、うっかり前と一緒ですーと取り繕ったら、その病院を覚えてなかった様子だったので、しまった!始めからの振りして、転院する方言えばよかった!と思ったりもしたハハ...)

で、ギリギリ待ってたのに、結局わかってることは、脳梁欠損ってことだけ...

すえっこ家では、祖父母へのなにかしらの話は、大体チチハハそれぞれが各自で伝えていたので、今回もその通りに。
臨月のハハのサポートで姉ズのお迎えに来てくれてたハハ両親にはハハから。
どう言おうかと思ったけど、とりあえず事実を話そうとすると、結局散々聞いた「脳梁ってね、~」というフレーズしか言えないハハ。ハハ父はそうか、と言い、ハハ母はなんてこと、と泣きそうになるも、ハハの顔をみて押し止まり。
とりあえず現状としては、生まれてくる子には脳の形成異常があり、どう生まれるか、どう育つかわからない。いつもの産院ではお願いできなかったので、転院するということを事務的に報告したハハ

チチ両親にはチチから説明したので、どうだったかはよくわからないけど、後日チチ母に「長生きしなきゃね」と言われ、ありがとうございますと思ったことは覚えてたり。

赤ちゃんのことがわかってから、気に病んでた関門は思ったほど、大騒ぎなくクリアだったこの週。




にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 希少疾患児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック