すえっこちょうなん

1歳 久々の入院とビューティフルネーム

年末から予約していたMRIを撮るための先週の入院。

結果として、MRIは撮れず(>_<)
先生は髄鞘化を見たいけど、急がないからと気にしない様子、素人親としては、他の異常がわかったら、発達具合がわかったらと、急ぐ必要はないけど、残念なハハ。

そして、他の結果としては、
・腹部エコーによる結石チェック→異常なし。(妊婦検診時のエコーと同じ部屋で、気分がダウンのハハ)
・ビデオ脳波→変化なし(結構セツないハハ) 知りたかった突然笑い時の脳波はとれてなさそう。
・栄養指導→一食に食べられる量が増やせないなら、カロリーを増やすメニューを頑張ろう。5ヶ月のベビーフードでは脂質が足りない(ていうか、病院の食事はやたら食べるすえっこ...)

以上、なんだかな的入院の成果。
とは言え、半年ぶりの入院に思いがけない嬉しいことも。
それは入院病棟が、ACTHのため初めての長期入院した病棟だったこと。
ウエスト発症後初めての入院は、ハハにとっても初めての長期付き添い(昼間だけ)で、今に至るすえっこの世話を学んだ時期でもあり、その後の他の病棟よりも看護師さんが話しやすかった印象が残っていた病棟だったり。
ので、ちょっと気楽にしていたら、担当の看護師さんがふと、「大きくなりましたね」と声をかけてくれ、その後その時担当だった看護師さんからも声かけが、さらにはむせて酸素下がりすぎでモニター見に来た看護師さんが「大きくなりましたね~、はじめ気がつきませんでした~」
何気ない、挨拶なのだろうけど、なんとなく嬉しかったハハ。伝えるとやはり嬉しげなチチ。姉ズ2人を1歳前から保育園に預けてた我が家では、こどもの面倒を人に見てもらってるのが通常なので、
家にいて、リハビリ以外に外と接点がないすえっこの名を、久しぶりにあった人が覚えていてくれたのが、病院の人とは言え、すえっこの外部の接点が存在しているようで、嬉しく思え。

そんなことを思ってたら、夕食後、姉1号が口ずさむ歌が、ゴダイゴの「ビューティフルネーム」で。
ハハのお気に入りで、こども用のプレイリストに混ぜてたのを覚えてたらしい。
こどもの頃から好きだった曲だけど、親になった今、さらに思い入れ深く聞いてしまう歌詞。
自分の考えた名前の子を、他人が認識して呼んでくれるのは、本当に嬉しいことなのだと実感したチチとハハ。





どんな名前であれ、なにかしらの思いがこめられてつけられた名前を、自分が大切に思うように、人の名前も大事に思っていれば、こどもがこどもを殺すようなことも、宗教や国で一派一絡げに敵や味方を決めることも、なくなるのではないのかしらと、世情にまで思いをはせられる歌で。みんなもっと歌ってごらんよ、と思わずにはいられない夜。


とは言え、病院では、半年前と違い、食事介助がさらに面倒に、吸引で容赦なくナースコール押したり(後日、親がやっていいということで、気兼ねなくできる分、来てもらえなくなったり)、と半年前よりも確実に病児とその親として成長してる感を味わった入院でもあったり...









にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 希少疾患児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック