すえっこちょうなん

7ヶ月 初療育センター

スケジュールがあいていたとのことで、思いのほか早く
療育センターでのPTを受けられることに。
入院が決まってしまったので、またしばらく受けられないのだけれど。

到着したら、プールへ行くこどもたちが。
どうやらプール設備もあるようで。
westの発症がなければ、スイミング始めようと思っていたので、
ちょっと気になったりしつつ、PTの部屋にいくと、
先生が小さなおもちゃを持って待っていてくれました。
が、はじめの20分くらいは、発作...
けっこう大きめで涙も流しすくらい...

で、発作が落ち着いた後始まると、
追視もないので、お気に入りのおもちゃもなにもわからないすえっこ。
先生が選んでくれたのは、プラスチックのリングをつなげたものと、
扇風機と、頭皮マッサージ用のようなやわらかいブラシ。
一番反応がよかったのは扇風機、顔に向かって回したら、
イヤーンって顔。そりゃそうだ。
でも、よく考えたら、初冬生まれで、入院ばかりの彼は顔に風が当たるような
こともなかったんだわー、とちょっとホロリ。

おもちゃを触らせたりして、目よりも手の刺激が大事の用。
ほかに、背筋を伸ばして、台に手をつかせて座らせる訓練を教えてもらう。
腰のすわりや、座った姿勢をキープさせること、補助しないで立ち居地で首をおかせることで、
首をあげるよう促すのが大事みたい。

座っているうちに泣き出したすえっこ。
そろそろ限界かな、と初PTは終了。
でも、40分がんばったようで、よくがんばりましたとほめられました。

病院では、リハビリは週1くらいほしいといわれていたんだけど、
こちらの先生には月1くらいのペースかな、といわれました。
ここで、なにかしてもらうというより、必要なことを教えてもらって
家でがんばりましょうという感じ。
週1ほど必要な状態と考えれば一安心だけど、月1はやっぱり不安な感じ。
でも、しかたないのかねー。

最後に、最近父親が始めたスパルタうつぶせレッスンについて
注意することがあるかと、聞いたら、顔が伏せて床にあたると泣くし、
意欲もなくなるので、胸にタオルをあてるといいよーといわれました。
これで、安心してスパルタもしてもらえます。

次回は入院後で、ということで、初回終了。
少しでも、反応してくれるおもちゃがあるといいなあと思い、
ミニ扇風機を探しながら、帰宅。
家に帰ったら、サンダル片方落としててショック!というオチがあったり(涙)




にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック