すえっこちょうなん

1歳 Carrot 3 in auto bianchi

すえっこの食事事情など記録しようと思っているうちに、水分補給に注入再開、体重増加のためエネーボ添加等々日々状況が変化しているうちに、オーダーしていたカーシートとクッションチェアが納品してしまったので、カーシートと愛車の話。
カーシートはタイトル通りキャロット3。発作ですぐ身体がずれるすえっこを押さえてくれる胸当てと伸縮可能な背もたれが決め手。
我が自治体では、補助の上限を2万円ほど超えるので、その分は自腹。支払い額は補助対象金額の1割プラス自腹分。






なぜカーシートが必要かと言えば、ハハが仕事の土日には、実家でお世話になるべく、子ども3人連れて自動車を走らせるチチ。0歳児用のチャイルドシートに座るすえっこは、発作の度に姿勢が変わり、よだれが多い時期はそれでむせたり。チチがよそ見せず運転できるよう、多少の発作でも姿勢を保持できるカーシートが欲しいと、とりあえず障害者手帳取得。

しかしそこは我が家自慢の愛(ボロ)車。
障害者割引や免税の手続きをした直後、エンジントラブルでガレージへ。
すぐ直るだろうとカーシート製作を進めるも、採寸、仮合わせが終わっても、イタリアで部品が見つからないということで、ガレージに放置され戻ってこず。

ギリギリ納品日が決まったところで、修理完了するも、今度はマフラーが落ち...
それはチチ自ら直したものの、さすがにこれはやっぱり子どもを乗せる車ではないかもしれないと不安になったりハハ。てか、絶対PTの先生や工房の方が驚くよね!駐車場で似た車みたことないし!

ということで、納品日前には「うちの車小さくて趣味的な車で、びっくりするかも~」と前振りするも、不意にあの車にこのシート入るの?という根本的な疑問を抱いてしまい焦るハハ。
とは言え、もう作っちゃったんだから仕方ない。ダメならハハ母の車で一時使えば...等々心配をよそに、納品日には微調整で設置クリア!
ありがとうございます~と先生方に言うハハ。車のボンネット開けてるチチ。
バッテリーが上がってた我が家の愛車。
先生に心配されながらも、電気を分けてもらって、なんとか帰宅...

終わり良ければ全て良しと言うけれど、もうちょっとドキドキせずものごと終わらせたいのね~と思わずにはいられないハハ。
でも、もうしばらく現役で行けそうらしい我が家の愛車。カーシートもうまく収まったので、当分このままかも(^^;;

ちなみに座り心地は抜群。すえっこ機嫌よく声だしたり、発作してたりだったのらしい。

にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 希少疾患児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック