すえっこちょうなん

1歳 9月の診察の覚書

誤嚥性肺炎で8日間入院したすえっこ。
誤嚥といっても、経口の食事のせいではなく、おそらく原因は注入したミルクの逆流。
それは、発作とも関係がある気がするので、熱を出す2日前の診察での薬の調整などを合わせて記録しておこうかと。

9月診察
神経内科 薬調整
イーケプラ 540mg→480mg
エクセグラン 90mg

3月から増やせるだけ増やそうと増量してきたイーケプラ。540mgになった先月は、やる気ナシ男度がアップ。手に力を入れないので、PTの寝返りやうつ伏せなどでも反応がイマイチ。副作用の倦怠感などもあるので、戻そうということに。
で、血中濃度がまだ上げる余地のあるエクセグランを増量することに。
エクセグランの後はトピナを試す予定。

2歳の目標としていた静岡の病院での検査について聞いてみると、脳波を詳しく調べることが、薬調整にクリティカルな情報を得られるわけではないと思うとの先生の見解。
笑い発作など、脳波を調べることで何が発作なのかとか、知りたいことはあるけれど、できるだけ省労力でいきたいハハ。
とりあえずはエクセグラン、トピナまでは様子見かな。

イーケプラを始めて、1シリーズの時間は短くなった気がするけど、発作が大きいくなった気がする。体が捻れて突っ張る時間が長くなった気が。
そのせいか、朝何度か吐き戻すことが増えたり、明け方起きてハアハア言ってたりする。

その旨を小児科で話すと喘息の薬を処方。とりあえず来月までやってみることに。

喘息の薬
メプチン、パルミコート
痰切りにムコダイン
便秘に酸化マグネシウム

薬が減らない...



にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 希少疾患児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック