すえっこちょうなん

40週 予定日前日 病院入り

ちょっと前の話だけれど。
2年前の今頃、まんじりともせず病院のベッドで寝ていたハハ。
39週過ぎた頃から毎日のように前駆陣痛っぽい痛みはあったけど、全く生まれる気配のない赤ちゃん。結局、出産予定日前日に入院、翌6時にLDRに入りましょうというスケジュールに。バスで荷物を持って一人でやってきたハハに看護師さんはちょっと引き気味。
主治医は一言「産まれませんでしたね」

入院手続きが終わり病室に入っても、ずっと続く痛みに突然産気づいたらどうしようと、結局チチには夜中でも来れるよう留守番役にチチ母に泊まってもらえるとよう手配してもらい。
思い返せば、姉ズの出産の時も立ち会ってもらってたので、一人で出産したことがないのだと気づいたその夜。
どんな状態の子かわからないのに、生まれた時一人だったら、どうしたらいいんだろう、一目で異常とわかる子だったら、抱けるだろうか? 産まれた時に息をしなかったら一人でどうしたらいいんだ?ただただ不安で眠れなかったのを覚えてたり。
でも、その日の夕食は思い出せなかったり。
脳梁がないということしかわからない子が生まれるのを待つしかない時がやっと終わると思うと同時に、終わるけど始まりでしかないんだんという気持ちも強く。
気づいたら夜があけ6時になってた日。

あの時のモヤモヤした無力感を思い出すと今でも心がざわつくけれど、ただホッとするのは、すえっこがかわいく思えるということ。
何度も産まなくちゃいけないのだろうかと思い、何か事故があればと考え、産まれてからも今でも、どうしてと思うこともあるけれど、体も大きくなり、顔つきも無表情ながらも赤ちゃんぽさがなくなってきたすえっこは、居るべきして存在しているのだとつくづく思うハハ。
それだけは2年前と違う心境で嬉しく思えることだったり。
今の恐怖はこのまま成長したすえっこの頬にヒゲが生え始めること。切なすぎる...


そうそう、何故か11月なのに公園の桜が咲いてた年でもあった2年前。




にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 希少疾患児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック