すえっこちょうなん

2歳 型取り→試乗→保活→発熱

1月の診察の覚書を記録しない間に2月突入。(1月はトピナ増 エクセグラン0)

先月の雪で受診できなかった補装具を作る為の装具診と、キャンセルで順番が回って来たバギーの打ち合わせのため朝イチ療育センターへ。

補装具は立位台代わりに立位をサポートできるよう、腰から足先までガッチリサポートしてくれる動かないギガマシーンのようなもの。立位台ではないので、支える助けは必要だけど、全身を支えなくてすむので、自宅での立位練習が楽になる~。ということで、作ってもらうことに。
さっそく型取りしますと、業者の方に言われ、寝かせられたすえっこ。服を脱ぐと、ラップと石膏付き包帯でぐるぐる巻きに。なるほど~こういう風にするんだ~と興味深々のハハ。しかし記念写真は踏み止まる。

ステキな型が取れたら、今度はバギーの試乗。
春に福祉用品展で見た時にいいと思ったポスキーバギーが本命で、あとセンターにあるBOODYとRVを試させてもらい。
どれも今使ってるお下がりのバギーよりは快適な動き&でかい図体。
今住んでる部屋だとベランダに置くしかないし、結局病院とかはバスや電車で行くから、コンパクトが一番なんです!というと、あの車に乗せるもんね...と顔を見合わせるPTの先生と工房の方。
キャロットⅢを設置してもらった時の愛車を思い出してくれた様子。
で、コンパクトで小回りの効くポスキーバギーがお気に入りだったハハなんだけど、PTの先生は、ティルト機能がないので心配だとのこと。
結局折り畳んだサイズはそこまで変わらなかったので、大穴のRV-Pockeに決定。よく選ばれてるだけに先生の信頼厚きよう。ハハ的にはポスキーバギーに若干未練残しつつ、オプションなど決め、見積もりを依頼。バギーでバス乗る時って、車椅子席になるのかしらー?、今までのお出かけ経路が変わるなあと、ちと不安。


で、そのまま昼食食べる間もなく役所の保育課へ。
先週突然連絡があり、入園選考に際して、すえっこの状態を確認したいとのこと。入園できる可能性があるんですかと聞くも、相手(課長さん)はモニョモニョ。小さい声で他のサービスも...と言ってたので、そっちメインだな~と思いつつ行くと、課長さん&経験ありそうな保育士さん&看護師さん登場。
保育士さんメインで、すえっこの現状についての質問に答えると、保育士さん、現状から判断すると、やはり通常の保育園では安全に預かれない状態である、で、新しい障害児対象のサービスを開始する予定なので、そちらはどうか?との話。
ほぼ予想の展開だったので、はあはあと頷くハハに、「いかがです?」と聞く保育士さん。「他に選択肢ないんですよね?」と答えるかわいくないハハ。とは言え、実現すれば、ありがたいサービスなので、ぜひお願いしますと言って、保育園入園申し込みは取り下げることに。
来年サービスが受けられるようになるまでは現在の体制(ハハ母に来てもらう)が続くことに。
実は、去年から定期的に障害児の保育園受け入れについてお願い(クレーム?)メール出していたハハ。ここまでして働きたいのかというのは、悩む職場ではあるけれど、経済的精神的等々の要素を考えると、やはり働き続けたいハハ。もうちょっとだー頑張るぞーと思いつつ、すえっこの保活は終了。

と、普段だと1つで1日のメインになりそうな用事を3つこなしたすえっことハハ。
翌日仕事から帰ると、ダル気な顔したすえっこが。子守してくれたハハ母も熱はないけど、食欲がないとのこと。アヤシイと思っている内に、熱が出始め、一晩で下がってくれと思いつつ、アイスノンつけたすえっこの冷たさを我慢しながら、半寝半起きで一晩過ごしたハハ。

発熱バトンすえっこに渡しちゃった?
とりあえず朝には熱が下がり一安心。で、今日が毎月の診察日なので、インフルエンザじゃありませんようにと思いながら、病院に向かうバスの中。
抱っこ紐&マスク着用で足元はおろかすえっこの顔まで見えず。




にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 希少疾患児育児へ
にほんブログ村









スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック