すえっこちょうなん

2歳 8月の診察

7月の診察は退院の直後で記録忘れ~。

とりあえず、胃瘻や気管切開を視野に入れたすえっこの入院予防対策を考えようというのと、臭化カリウム増やそうということに。

で、8月もその流れの話で、小児科では、胃瘻はいつでもOKな時期ですよって話をされ、ハハ的にはその方がすえっこ的にも楽かとは思うけど、保育園問題を考えると今年度はこのままでいて欲しいと伝え、先生もカルテに記入。
次の山場は台風到来の9月だなーと思いつつ、実は一人旅画策中のハハ。
お次神経内科では、臭化カリウム増やすしか次の手はないね、ということで増量に。薬の本(by国立精神神経センターの先生)見たら、上限1kgあたり80mgと書いてて、結構まだいけるんだねと増やすことに。
これがイマイチだったら、次は何かありますか?と聞いたら、うーんないんですよねーと主治医。正直にありがとうと思いつつ、ビガバトリンや新薬のこと聞くもイマイチ。
次するとしたら、薬の整理かなーとのこと。
減らすとしたら、イーケプラだけど、どの薬も効いてなさそうで効いてそうでイヤだなーと思うハハ。

で、診察終了後、メールで薬局に処方箋送り、病院で出来上がりを待ちつつ昼食。
診察に2時間近く待ち、薬局で1時間半待つという毎月恒例の待ち時間。
でも病院側の薬局が薬も揃ってて、粉も細かくしてくれてるので、神経内科の薬は病院側、エネーボ記載の小児科の薬は家の側で使い分けてる我が家。

で、病院側の薬局に処方箋渡して、薬もらい、帰宅後、最寄りの薬局に小児科の処方箋お願いして、引き取りに行った昨日。
薬局の人が困惑気味に「今回随分薬が変わってますね~」と持ってきたのが、ラミクタール。
え!なんで?と自分の目を疑うも、処方箋にも神経内科の薬が書いてある。
てことは、処方箋渡し間違えた!
メールで処方箋注文の落とし穴を知るハハ。
しかも同日に2枚の処方箋を別々の薬局に持ってく人なんてそんなにいないんだよね。
用意してもらった薬はすでに出してもらっちゃってるので、キャンセルするしかなく、平謝りし、病院側の薬局へ連絡、どうもあちらも気づいてなかったようで、慌てる薬剤師さん、取りにくると言ってくれたけど、エネーボも処方してもらわねばならないので、それができたら取りに行くことで、決着。ただいまエネーボ待ち。
ワンエラーワンアウトだねとチチに言われ、またへこみ。
ただ怪我の功名としては、最寄りの薬局で神経内科の薬を用意してもらえちゃったこと。ラミクタールとか、在庫になっちゃうので、来月はこちらでお願いしますと言ったのだけれど、もし最寄りで処方してもらったのが使い易ければ、薬局の待ち時間が短縮できる~(*^^*)
とうっかりの反省しつつ、ほくそ笑んだ8月の診察。

久々にすえっこも笑い(発作かな...)


にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 希少疾患児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック