すえっこちょうなん

7ヶ月 入院初日

ケトン療法をすべく、すえっこ、人生4回目の入院へ。

10時半に病棟へ行けるように、早めにいっても、時間すぎにならないと受付が終わらず...
大病院ゆえ、月曜日ゆえとはいえ、せめて入院と退院の窓口をわけてくれるとアリガタイナー
と思いつつ、窓口の人の愚痴を聞きつつ、4回目ともなると、丁寧な説明も流し聞き。
病棟にあがれば、うろんな顔で見られ、病棟間違ってないよねと、思わず聞いてしまった。
どうも、5月にシステムが変わった&人も変わったようで、研修中や新任の看護師さんも
多いようで、対応もさっとはいかないみたい。
待つ間に、ベッド周りに荷物を設置したり、来てくれた看護師さんに、薬や寝るときの
姿勢の話をしたりなどなどしていると、前回の入院よりも、すえっこに必要なことをお願いする
ことが多く、なんだか自分が入院慣れしてきていることを感じました。
こうして、病気っ子母になっていくのですな。

療法は明日夕方からになるとのこと。
初日は、検査でした。レントゲンも、血液も問題なし。
よかったことは、脳波が若干よくなってるとのこと。
もちろん、悪い中の若干だけれど、発作は毎日10回以上、どんどん振りが大きく
なっているので、ACTH前よりもわるくなってるのかなーってどきどきしてたので、
なんとなく一安心。
哀しかったことは、先生の診察で、「モローが残ってる」「手の反応が」等々言葉の端々で、
まだまだ発達は止まったままということを再確認できちゃったこと。
ずいぶん、首の力はついてきたんだけど、すわったとはいえない状態だしねー。
ケトン体が大活躍してくれるといいのですが。

お医者さんにも、看護師さんにもケトンミルクのまずさを言われ、すえっこがかわいそうに
思うけど、状態の改善のためには、今のうちにがんばってもらわねば。
ということで、ミルクののみが悪いときには、鼻チューブになるともいわれても、即答でOK。
明日のお昼までしか飲めないぞーと、ミルクを飲ませるも、久々の病院の乳首が合わず、
なかなかミルクを飲まないすえっこを置いて初日は終わりました。



にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック