すえっこちょうなん

3歳 立つことの大切さ

ならし保育終わって、本格保育の始まったすえっこ。
ところが人手不足で、送迎バスが延長になった3月、バスと電車で1時間かかるけど、自転車だったら30分で行ける距離の保育園に休みの日は送迎する羽目になってるハハ。
ので、肩バキバキ。
3月の診察記録をつける気も起こらないママ、もう3月後半。
思いがけず、VNSの話が進みそうだったり、主治医が今年いっぱいで異動するらしいとわかったりしたのだけどね。

ほぼ週5、夕方まで保育を受け始めたすえっこは、なんだか表情が明るくなったり。
そのぶん、刺激が多かったり、テンションも上がるのか、発作や緊張は増加傾向。
PTでは、足首が固いと深刻な顔で言われ。
膝を曲げてたり、寝てる時はぶらぶらなのにーと訪問PTの先生にこぼすと、90度しか曲がらないとなると健常の人が歩くのはかなり難しいんですよね、とのこと。
今更ながら、普段自覚せずしてる立つとか歩くとか必要最低限の動きすら、健全な身体の状態を維持するのに不可欠で、人間の身体って本当に絶妙なバランスでキープされてるんだなあと思い。
とりあえず、保育中は短装具つけることお願いされたすえっこ。
家でもことあるごとに座らされたり、立たされたりの最近。

4月は、初脳外科受診控え、ハハもチチも仕事の形態が変わったり、職場が変わったり、姉2号も保育園変わったりと、変わらず落ち着く気配のないすえっこ一家。
とは言え、春の嵐よりは花見が楽しみ~。


公園で延々遊び中の姉ズを待つ間に立たされみたりの図。

にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 希少疾患児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

3歳 立つことの大切さ

頑張ろう

ちー姉 | URL | 2017-03-23 (Thu) 09:20 [編集 ]


 

トラックバック