すえっこちょうなん

7ヶ月 鼻から足から(ケトンミルク10日目)

2日間、150mlの白湯を追加するも、願いむなしく尿素の値は更に上昇。
ということで、すえっこ、点滴&尿をアルカリ性に傾ける薬を処方ということになりました。

水分が足りないというだけでなく、ケトン体は、尿素の排出を妨害するというすてきな
作用があり、すえっこは腎臓機能に問題あり&結石副作用のエクセグラン服用っ子。
先生もかなり慎重に考えてくれた末の処置なのですが、胃管に点滴にと、どんどん気の毒な姿に。
エクセグランを止めたら結石の心配は減るんじゃないのかしらー?と
先生にそれとなく聞いたら、エクセグランのせいで、尿素があがってるのではと思っていると
受け取ったらしく、尿素上昇の原因はケトン体に間違いないと思うけど、これからの状況し
だいでは検討するかもとのこと。
止めたいわけではないけれど、画期的な効き目を感じられるわけではないので、
ケトン治療で副作用が相乗効果になってしまうなら、不安要素を減らしてもらいたいなあと思う
のは、身勝手かしらと思いつつ。

とりあえず今晩は点滴ということで、ミルク前に左手にルートをとられたすえっこ。
ベッドに戻ってすぐ発作が始まり、その強い左手の降りに、点滴の針大丈夫かと心配しつつ、
ミルクを飲ませ始めた間に、看護師さんが準備して点滴を始めたのですが、
看護師さんがいなくなったとたん、ぴーぴーと点滴の機械がアラームを!
ちょっとした不具合だろうと思っていたら、どうも点滴がすすまないらしく、
看護師さん二人がかりの大騒ぎの上に、結局左手のルートをはずし、足に入れなおしましょうということに。
せっかくミルクの飲みもうまくいってて、あと30mlだったのに、途中で処置室へつれていかれるすえっこ。
母は時間切れで、保育園へお迎えへ。
明日は、足に点滴つけられているのかしら。
これだけがんばってるんだから、すこしは効果がでておくれーと、切に思う母でした。



にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック