すえっこちょうなん

7ヶ月 ケトン値3+到達(ケトンミルク14日目)

入院も2週間も最後となり、とうとうケトン値が3+となったとのこと。
おとといくらいに、1に戻ったと聞いて、えーっと思っていたので、喜ばしいことです。
尿のPH値を制御する薬に乳糖が入っていたので、その処方を変えたらしいんだけど、
その効果かしら!?そんなわずかな糖でも、変わるのか!?と驚いたり。
とはいえ、あいかわらず熱が出てから、睡眠時間が長く、飲みのわるいすえっこ。
あと、せきこむのか、むせこむことがあり、たまにちょろっと吐き戻したり。
母も、気管支が弱く、吐くまで咳き込む苦しさはわかるので、生後7ヶ月の身には
つらかろうと、つらくなります。
なんか、同室の子のお母さんと、ほかのお母さんの会話に、「風邪はやってる?」とか
いうのが聞こえて、考えないようにしてたけど、やっぱあの熱は病院で移った風邪では
ないのではないかと、再疑惑。
向かいのベッドの子も元気そうだったのに、ある日急にしゃべれなくなるくらい寝込んでたし、
隣のベッドの子も、明日退院とか行ってたのに、まだ今日いたりしたし。
うーん、こわい。

とはいえ、ケトン値があがったことで、退院のめどが見えてきて、ちょっと朗報。
点滴も一応とれました。
とは言え、治療としては、これからが勝負なのですが。
3ヶ月は続けたいということで、帰宅後もケトンミルクです。
しかも、摂取量を確保するために、自宅で注入をする場合も、ということで、
胃管をいれる練習を、という話が本格化しました。
本当に、未知の世界を何度も味合わせてくれるすえっこだなあと思いながら。
発作よりも、体調悪そうなので、はやいとこ結果が出て、おいしいミルク飲ませてあげたいなあと思ってしまった今日でした。


にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック