すえっこちょうなん

閑話休題 泣くタイミング

同じ病室の子のお母さんと話してたら、
「ママ明るいから大丈夫」
と言われる。

同じことを、実は姉ズの保育園の園長先生にも言われてたり。

自分の中では、ああでもないこうでもないとか、これからどうしようかどうなるのかと、いろいろ渦巻くものがあるので、むしろ根暗だと思ってるんだけど。
確かに、悲壮感は表に出てないかも。出してもしかたないし、出されても困るだろうし。
自分も大変だけど、病気になってしまったのはすえっこだし、と思うと、かわいそうと思うのも申し訳ない気がし。
泣きた方がいいかと思う時もあるけれど、いろいろ考えると、涙がひっこむという...

そしたら、そのお母さんが、
「そういうママの子の方が重い病気だったりするのよねー」
もっと、さめざめと泣いて暮らせば、すえっこの状態ももう少し良かったのかしら^^;
そう言うお母さんも明るくて元気付けてくれるママだったり。




にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック