すえっこちょうなん

8ヶ月 姉ズのくちぐせ




最近の姉1号、帰宅するとすえっこをさがして、「すえっこいるー?」
顔を見ると、「病院に帰ったと思ってた!」

最近の姉2号、いつも目覚めると母を探して泣くのだけれど、母の隣にすえっこを見つけると、
「すえっこいたー!」

すえっこのことがわかったときに、もうしわけないけど、一番心配したのは、姉ズのことで。
さらに生まれてすぐ入院で弟がいるんだかいないんだかわからない状態だった彼女らのことが、やはり気になっていて。
なので、こういう様子は、親的にちょっとホッとするときでもあります。

とはいえ、前回の退院時より手がかかるようになったすえっこ。母がすえっこをかまうせいか、姉ズ2人そろって、どうも甘えたがりに。
赤ちゃんがえりか!とつらい母でもあります。

まだ、きちんと彼女らにわかるよう、すえっこの病気を説明できる母でなく、いつか、悲しい思いをすることも嫌な思いをすることもあるだろうと思うと、どうなるんだろうと思うけど、
すえっこをかわいがる気持ちは変わらないでいてほしいなあ、そのためにはどうしていけばいいのかなあと思う母でした。

にほんブログ村 病気ブログ てんかんへにほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック