すえっこちょうなん

11ヶ月 ケトン療法まとめ その2 用意したもの。オイル編。

その2ではケトン生活のために必要なもののことを。

すえっこのケトン療法はミルクオンリー。
ミルクの方が離乳食などより作るのも簡単だろうと、離乳食前に始めて終わりたいというハハの目論見でした。
飲みの悪いすえっこの一日の摂取ミルクのノルマ量は、
ミルク(14%ケトンフォーミュラ)100ml+白湯60-70ml+MCTオイル4ml×6回(4時間おき)
すえっこの体重等考えて、ケトン比が1:4(たんぱく質:脂質)になるよう先生が計算してくれたもの。
夜中の注入はつらかったり、胃に入ったミルクをほとんど吐いちゃう時もあったので、前後で、ミルクを150mlに増やしたりして、適宜対応。

ミルクは、ケトンフォーミュラというケトン比1:3となる粉ミルクが病院から支給してもらえるので、自宅で用意するよう言われた必要なものは、MCTオイルと、尿でケトン値を計る試験紙ケトンダイアスティック。
どちらも初耳だったけど、MCTオイルは、吸収しやすく脂肪になりにくいということで、栄養管理や、ダイエットに使われているらしく、アマゾンや楽天で入手可能。
先生からは、MCTだったら、なんでもということだったけど、入手できるのは3種類で、一番安いのをと、初めて買ったのが、
コチラ↓ さらさら透明で、中鎖脂肪酸100%。

日清 MCTオイル 450g日清 MCTオイル 450g
()
日清オイリオ

商品詳細を見る


で、次に違うのを試してみようと買ったのが、
コチラ↓。
薬品会社だから、いいかと思って買ったけど、成分をみたら、MCTオイルのほかに食用油などと書かれている。色も、病院で使ってたのや日清のものより黄みがかかっている、等々、なんとなく日清のがよかった気が。


マクトンオイル瓶 450gマクトンオイル瓶 450g
()
キッセイ薬品工業

商品詳細を見る


最後の3日で、オイルが切れて、とりあえず、日清のオイルの180g瓶を追加購入、30mlほど、使用して、ケトン終了。
残りはドレッシングなどに使えます。(炒め物にはむかないオイルとのこと)
我が家はしばらく、サラダに利用予定かな。(こないだ使ったら、チチにやっぱり...という顔をされ...)

3ヶ月弱のケトン期間で使ったのは、オイル1000gほど。

アメリカ製らしくて後回ししたけど、これ↓を買ったほうがCPはよかったかも。


MCTオイル・100% 941mlMCTオイル・100% 941ml
()
NOW Foods

商品詳細を見る



ケトンの離乳食をされている方のブログなど拝見させていただくと、オリーブオイルを使ってたりするので、食用油がまざっていても、いいかとは思うけど、気分的には日清のがオススメ。
アメリカ製のだったら、1本で3ヶ月まかなえたと、あとから気づいたり。
NOWFoodsも、サプリメント製品の会社らしいので、悪くないのかと思うので、次に機会あったらためしてみたいかも。


オイルを入れる際に、便利だったのがコレ↓(画像はメーカーサイトより)


4mlという量は、シリンジで計るのだけれど、シリンジに印刷された目盛りが、なんと油で落ちる!
病院で聞いてたけど、一瞬で落ちるさまにびっくり! さすがsingle use only!
しかも、計る以前に、買った油だと、瓶の口にシリンジが入らないこと判明。
どうしたものかと、思ってたところで、すえっこの薬を調剤してもらった薬局で、これを発見。60ml入りを購入。
本体の目盛りは、ml単位ではなく、内服回数による目盛りだけど、「5」の目盛りが、おそらく1目盛り4ml。
ただ、付属のカップはml単位で計れるので、こちらを利用しても、と使ってたら、後日カップに入れて計ると移し変え時に量が減ることに気づいて、結局容器にシリンジをいれて4mlを取り出してたり。

なんだかんだ、オイルの扱いがけっこう面倒ではありました。
以上、オイルのこと書き出したら長くなったので、ここまでで、オイル編とします...



にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 希少疾患児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック